スロウ・ライフ

大地のめぐみに感謝をこめて
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
後藤照明
IMG_8449.jpg我が家の照明は、後藤照明を色んなところで使っています。
レトロな雰囲気が家の雰囲気に合うかなあと思っています。

漆喰の壁に映る模様が照明の場所などによって変わり、不思議です。光と影が作る美しさ。

IMG_8451.jpgこの家に住み始めて2年目。

住んでみてわかる不便なこともありますが、少しずつ自分たちの住みやすい家にしてきたいと思います。
| haiji | 家のこと | 23:16 | - |
キッチンからの眺め
IMG_7523.jpg
今日は朝から雨。

キッチンからの格子窓から眺める畑のみどりも青々としています。
ここからの眺めは落ち着きます。
料理を作っていても、穏やかに。

踏み台に座ってコーヒーを飲んだり。
唯一、わたしだけの場所かな?

古い民家をリノベーションする時に、スケッチを書いて、イメージを伝えて作ってもらいましたが、イメージ以上の出来栄えでした。

旭川空港から飛び立つ、飛行機もこの窓からは見えます。

少しずつ移りゆく季節もこの窓から感じることができます。

窓から感じる様々な想い。

秋の冷たい空気も。
ぽたぽた落ちる雨の雫も。
灰色の空も。

心のどこかに沁みこんできます。
| haiji | 家のこと | 13:03 | - |
お世話になっている方
IMG_7169.jpg美瑛にある家具屋のslopeの澤田さんご夫妻はわたしたちにとってとても大切な方です。

この家に住めるのも澤田さんのお陰。
数年かかりで家の相談に乗っていただきました。
建具はもちろん、オリジナルで、一つひとつ、こだわって丁寧に作っていただきました。
IMG_7190.jpg小さな家具もslopeさんのもの。
この踏み台のスツールは、キッチンに置くのに、丁度いいです。

家が何より落ち着ける場所。

四季の色々を眺めのいい窓から感じることができてシアワセです。

これからもよろしくお願いいたします。
 
| haiji | 家のこと | 21:03 | - |
ドア
IMG_6772.jpg我が家のドアをご紹介です。

建具も全て、美瑛のslopeさんが作ってくれました。
家全体の雰囲気とあわせて、ドアもちょっとアンティーク風です。
ダイヤモンドガラスが四隅に入っているドアは玄関からつながるドア。
ドアノブは真鍮。
ほとんどの建具の金具は真鍮にしています。
真鍮は、使っているうちに色合いが変わってくるのでおもしろいです。



IMG_6767.jpgユーティリティにつながる居間からのドア。
ここもダイヤモンドガラス。

全体的に古い洋館をイメージして、細かなところまで相談して、決めました。
時間はかかりましたが、とっても満足しています。

まだ、全部、完成していませんが、生活しながら、、ゆっくり造っていけたらいいと思っているので、そのプロセスを大事にしたいと思います。
 
| haiji | 家のこと | 17:30 | - |
ぼんぼん時計
IMG_6369.jpg新居の雰囲気に合う、掛け時計を探していました。

夫がアンティークショップの倉庫で見つけてきた時計。

TAKANO SEIMITSU (高野精密) というメーカー。
私が生まれる前1960年代に数年しか生産されず、幻の時計と巷?ではいわれているとお店の人が言っていました。
なかなかこの形はないらしいそうな。

古いもの好きの夫。
倉庫で見つけてきて、すぐに買いたいという相談。
どれどれと私も見に行きました。
確かにかわいい。
これも出会いだねと連れて帰ってきました。

カチカチという音が懐かしい。
小さい頃は、ぼんぼん時計が家にもありました(今もある!)。

IMG_6376.jpg


この鹿マークに一目惚れ。

これからも一緒に年を重ねようね。


 
| haiji | 家のこと | 22:25 | - |
薪ストーブ
IMG_6291.jpg先週から雪がとうとう降って、いよいよ冬がやってきました。

薪ストーブに初めて昨夜、火をいれました。

ピキャンというオーストラリアのメーカーの薪ストーブです。
形がすっきりしているのと、下にオーブンの機能がついているのでパンやピザなど調理も楽しめるので、この薪ストーブにしました。

最初は、うまく火がつかなかったけど、キッチンの換気扇を回しているのが原因だということがわかり、止めると勢いよく燃えました。

IMG_6300.jpgパチパチという音と木の燃える匂いがなんとも癒されます。
暖かさもやわらかい感じ。そんな感覚です。

ジョージやベンもストーブの前でくつろいでいます。
そんな姿を見ていると、また、ゆったりした気持ちになります。

毎日、火を入れる時間はないかもしれないけれど、お休みの日はゆった〜り、のんびり、ストーブの前でしたいです。
燃える炎を見ていると、なんだか気持ちが空っぽになる感じです。
そんな力が炎にはあるんですね。
| haiji | 家のこと | 12:03 | - |
新しいキッチン
IMG_6259.jpg新しいキッチンについて少しずつご紹介

コンロを選ぶのはすごく時間がかかりました。
最初は、海外製品のロジェールなんかがかわいいだろうと思っていたのですが、安全装置の関係で、国内では販売していないことがわかり、いろんなメーカーを探しました。
なかなか、私がイメージしているものが見つからず、国内製品で、デザインや使いやすさから、ハーマン(東京ガス)から出ている+do(プラス・ドゥ)に最終的に決めました。
高火力に鋳物のゴトクがカッコイイ。
パトリス・ジュリアンがプロデュースしただけあってシンプルデザインが◎。
グリルはダッチオーブンを入れて調理もできます。
ステンレスだから掃除も簡単♪。
オーブンレンジもつけたから、料理の時間が楽しい。

毎日ピッカピッカにして、大事に使っていきたいです。
| haiji | 家のこと | 18:46 | - |
flameの照明
IMG_6210.jpg新居の照明はflameという照明器具を作っているお店と後藤照明から選びました。

ひとつひとつ、部屋のイメージを考えて選ぶ作業は楽しくもあり、ちょっと大変だったり・・・。

ゲストルームとダイニング、キッチン、2階は、flameの照明。
ダイニングテーブルの上は、operaという鉄製のペンダントライト。

最初は大きいかなと思ったけど、存在感があって、家の雰囲気にもあっているなあとこれを選んでよかったです。

蛍光灯の照明はひとつも使わず、レフ球など温かみのある照明にしています。

ほっとできる空間に自然に溶け込む灯りに今日も癒されています。
| haiji | 家のこと | 19:44 | - |
お気に入りの窓
IMG_6203.jpg新しいおうちには沢山のお気に入りの窓があります。
そのひとつ。
リビングから見える玄関との間にある窓。

四国旅行で購入した和ろうそくとアンティークの薬瓶をディスプレイしています。
リビングからはぼんやり見えるのがお気に入りポイント。

前に住んでいたおじいさんちで使われていたガラスを再利用。

家の雰囲気は随分、変わってしまったけど、骨格はそのままのおうち。
おじいさんの思い出が家の中にちょこっと残ってます。
天国でも喜んでくれているかなあ?
| haiji | 家のこと | 18:36 | - |
自慢のお風呂
IMG_6169.jpg新居で自慢できるのは別棟にしたお風呂。

全て作ってもらいました。
左官で形を作り、石、木を使って。
広さは普通の浴槽の1.5倍はあるかなあ?
とってもゆったりしています。

スクリーンを開けると大雪の山並みが見れるのです。IMG_6186.jpg
朝陽を浴びて、今朝はお風呂に入りました。

平日はそんな余裕がないので、休日の贅沢です。

ボーリングした地下水の水質は軟水で、お風呂のお湯も大変やわらかい。
とっても温まるし、夫とも話しているのですが、肌がツルツルになる感じ。

まるで温泉気分。
極楽、極楽なのです。
IMG_6193.jpg窓ガラスは大きくて、キャンバスのようです。
バスタイム中、人は誰も通らないから、絵を描いたりして遊べます。
仕事のストレスは、このお風呂で解消。
ゆったりのんびりできるお風呂を作っていただいて、ありがたいです。
今日も感謝です。

| haiji | 家のこと | 17:44 | - |
QR-CODE
qrcode
RSS1.0 ATOM0.3
みんなのブログポータル JUGEM
paperboy&co.

このページの先頭へ